<さくらぐみ> 給食先生のお話

給食先生に「歯について」「よく噛んで食べることについて」「手洗いについて」のお話をしてもらいました。

 

歯については、乳歯と永久歯の違いや歯磨きの大切さを教えてもらい、歯が抜けて生え変わっている子たちもいるので「大人の歯ってもう生えてこんから、ちゃんと磨かんなん!」と友だちと話していました。

噛むことについては、みんなもよく噛んで食べることがいいこととは知っていましたがいつもの給食ではすぐに飲み込んでしまう子が多く、あまり意識していないようでした。しかし、実際に小さなおにぎりをみんなで30回噛んでみて、お米の甘さを感じたり、消化や虫歯予防につながることを実感したようです。そのあとの給食の時間はみんなよ~く噛んで食べていました。

手洗いは去年もしたことがありますが、手洗いチェッカーを使っていつもは見えない手の汚れを確認しました。みんな自分の手の汚さにびっくり…!!急いで手を洗いなおして再チェックしていました。

定期的に手洗いや健康についてみんなで知ったり確認して、自分たちの体や健康に関心を持ってもらえたらいいと思います。